被災セスナ修復記録(ブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

風防の取り外し(2013年10月)

風防はすべて割れているので、取り外します。
中古でも良品が見つかればまた取り付けるので、壊すのではなくあくまでも整備するのと同じ様に
スクリューを1本ずつ外していきます。がこれまた一筋縄ではいきません。
腐食等で固着し外れないのです。こういったスクリューは頭をドリルで飛ばして外し、その後ネジを
小さいドリルで揉み、外していきます。それでもダメな物はプレートナットごと外して付け直します。
2013-10-12 10.49.18HP
2013-10-12 13.50.28HP

清掃準備(2013年7月)

すべての点検口は開いて清掃しやすくします。
シミュレーターにするときに不要なものは取り外します。
CIMG07181
CIMG07201

後方に飛び出ている、ランディングギヤアクチュエーターASSYも不要なので取り外します。
この部品で飛行機のランディングギヤ(車輪)の上げ下げをしています。
当然腐食して動きません。(2013年7月)
CIMG06941

椅子等も既に取り外された状態
CIMG06931

両サイドに飛び出ている主翼前縁付け根部分も邪魔なので取り外します。
IMG_0594
2014-08-19 19.09.45
2014-08-19 19.50.51

リベットを一本ずつ外してこのような状態に分解しました
2014-08-19 20.54.26

最後の主桁はリベット等では外せないのでサンダーで豪快にカットしました。
さすがに主翼のメインの構造部材だけあってなかなか簡単には切れませんでした。
IMG_0826

計器類も取り外し

計器類もすべて取り外して、一つずつオーバーホールします。
殆どの計器は内部にまで海水と泥が入り込み、スクリューもねじ切れます。
2013-10-11 191.20.06
2013-10-11 221.18.23

オーバーホール開始

前回は搬入時現状を見ていただきましたが、ちょっとやそっと手を入れただけでは
使える状態にならないことがお分かり頂けたと思います。
そこで第1ステージは可能な限り分解し、修理、オーバーホールし再度組み立てなおす、という
地道で根気と多少の技術の要る作業を地道にしていきます。
再組み立てが終わったら、第2ステージとして、操縦系統や、一部の主要計器やスイッチ類を
シミュレーター用のものと換装します。
調べてみると本物と同じ規格で取り付けられる色々な機器がフライトイリュージョン
(http://www.flightillusion.com/)やシムキット(http://www.simkits.com/)
といった海外のメーカーから出てるんです!すごいですね。(値段も)
このステージは非常にお金が掛かるため、資金面で時間が掛かりそうです。
(一番の問題がこのステージですね)
第3ステージは機外装備の製作です。
コックピット部分の各種機器の取り付け後、このコックピットを収める箱を作ります。
完成後持ち運べるように、4t車の荷台にユニックで載せられる様に製作する予定です。
内部には、スクリーンかディスプレイを4~6面配置することが必要です。
というような壮大な計画なので一体何年掛かるかは分かりませんが地道にコツコツと
仕上げていきます。

一度は津波にのまれ再起不能になった飛行機ですが、諦めないで、このような形でも再生させることで
ほんの少しでも被災者の方に希望を持って頂けたら幸いです。

では実際の作業に入ります。

搬入時の状態(2013年1月)

20130121145200001
外観も操縦席もこの写真を見る限り、そんなに酷くはないな、とこの時は軽く見ていました。

CIMG07221
しかし、足元を見てみると泥だらけ!
ペダルも腐食が酷く動かせないほどに固着しておりました。

CIMG07141
床下点検口を空けてみると、この中も泥だらけ!

2013-10-12 171.33.16
計器盤の上の日除けカバー(グレアシールドといいます)を外してみると、ここも、、、

IMG_079911
計器を一つ外して、計器内部を見てみると、こんなところまで泥で埋め尽くされています。
しかも計器盤に固定するスクリュウも腐食し、3本中2本はねじ切れてしまいました。

CIMG07021
操縦輪のコントロールチューブも腐食してスムーズに動きません。

ここまで見てきた段階で、先は長くなりそうだと実感しました。